無料開業支援付き、税務会計顧問

 

当事務所では、無料開業支援付きの税務会計顧問サービスをご提供しております。

こちらのページでは、「無料開業支援」と、「開業後の税務会計顧問」の内容について詳細をご案内しておりますので下記よりご覧ください。

 

無料開業支援について

開業後の税務会計顧問について

ご相談から歯科医院開業までの流れ

 

 

無料開業支援

当事務所では、開業後に税務会計顧問サービスをご契約いただける歯科医院さまに対して、

  • 開業前からの開業支援無料でご提供しております。

 

歯科専門の税理士が
無料でアドバイス 

歯科医院の開業に必要なアドバイスを無料でご提供

 

私どもは歯科専門の税理士事務所として、開業以来20年以上に渡って歯科医院の開業支援経営サポートを手がけて参りました。

 

お陰様で毎年多くの新規開業をご支援させていただいき、

  • 開業初日からたくさんの患者さんが来院された医院。
  • 開業月の医業収入が400万円を超えた医院。
  • 開業から1年で年商7,600万円の医院。

このような歯科医院さまを続々と誕生させています。

 

こうした経験とノウハウを生かし、開業時に必要な下記のアドバイスを無料でご提供いたします。

・事業計画(業者作成の事業計画書が適正かをチェック)
・資金繰り計画 ・融資
・開業物件の選び方 ・診療圏の分析
・スタッフ採用 ・内覧会
・広告戦略  

当事務所は、開業後の顧問契約が前提ではありますが、無料開業に必要なアドバイスをご提供致します。



成功率100%の当事務所に
安心してお任せください 

開業成功率100%が、当事務所の実績です

 

当事務所では、「開業を絶対に成功させる」という強い思いで開業支援に取り組んでおります。

お陰様で、当事務所がご支援させていただいた歯科医院さまの開業成功率は100% きちんとやるべきことをやって準備すれば、開業で失敗することはないのです。 

開業前にやるべきことは、融資の手続き、開業物件の選定、スタッフの採用内覧会広告戦略・・・等、いくつもありますが、中でも私どもが一番重要だと考えているのは、

 

適正な事業計画を立てること。

 

業者さんの作成した計画書を
鵜呑みにするのは危険!

ほとんどの先生が歯科メーカーや歯科材料商といった業者さんに、立派な事業計画書を作ってもらっています。

しかし、この事業計画書を鵜呑みにして開業するのはかなり危険。なぜなら業者は自社の製品をたくさん購入して欲しいため、多額の設備投資を伴う、必要以上の借入を前提とした事業計画書を作ることが多いからです。

患者さんに最高の医療を提供したい」。先生方にはこのような想いがおありだと思います。そんな想いがあるからこそ、レントゲンはデジタルで、レーザーも最新式のものを・・・と、業者さんの勧めについついお財布の紐がゆるみがち。


患者さんへの想いは素晴らしいですし、大切にしていただきたいのですが、開業時に本当にその設備が必要なのかを今一度冷静に考えてみることが必要ではないでしょうか。

当たり前ですが、借り入れたお金、つまり借金は返済していかなければなりません。開業時に必要以上の借入をしてしまうと、毎月の返済に追われて運転資金が足りなくなったり、将来の設備投資に必要な資金が足りなくなる可能性があります。資金が足りなくなれば、倒産ということにもなりかねないのです。

適正かつ安心な事業計画書を
当事務所が作成します 

そこで当事務所の開業支援では、歯科専門の税理士であることを生かし、業者さん作成の事業計画書で開業後に資金不足に陥る可能性がないかを入念にチェック 開業後に資金不足に陥る心配のない適正な事業計画をご提案いたします。(※)

(※)ご希望に応じて、当事務所で一から事業計画書を
作成することも可能です。

 

開業を成功させる一番のポイントは、

  • 適正な事業計画を立て
  • お金に困らない医院経営、利益が残る医院経営を行うこと

 

私どもが全力でサポートさせていただきたいと思います。

 

 

融資、開業物件、スタッフ採用、
内覧会、広告戦略もサポートします

 

ここまで、最も重要な事業計画について詳しくお話しましたが、その他にも開業に必要なやるべきことはたくさんあります。融資の手続き、開業物件の選定、スタッフの採用内覧会広告戦略・・・等。

当事務所ではこの点についても、歯科専門の税理士がしっかりとアドバイスし、先生の歯科医院開業を成功に導きます。成功率100%の当事務所にどうぞ安心してお任せください。

 

▲このページのトップに戻る


開業後の税務会計顧問

無事に開業された歯科医院さまに対して、開業後は税務会計顧問でお役に立ちたいと思います。

 

歯科専門税理士が
積極的にアドバイス 

先生の理想の実現には「お金」がかかります

 

医院を開業したら、歯科医師として治療にあたることはもちろん、医院の経営者として経営状況をしっかりと把握し、歯科医院を継続してゆかなければなりません。

歯科医院が少なく、待合室に患者さんが溢れていた時代は、経営など考えずに治療だけをしていても歯科医院経営が成り立ちました。

しかし時代は移り変わり、歯科医院が置かれた状況は様変わりしています。院長先生が、経営者としてしっかりとした経営戦略を持って経営にあたらなければ、数ある競合歯科医院に勝つことはできません。

そして、先生の思い描いている医院経営を実現し、歯科治療を患者さんに提供するには、必ずお金が必要になります。

 

先生の想い描く理想の「経営」や「歯科治療」の実現には、

お金がかかるのです。

 

 

毎月経営データを分析。
しっかりアドバイス致します

毎月の経営データを分析し、アドバイスします

 

開業される先生方は、多かれ少なかれ借入をして出発されます。医院の経営データを無視した歯科医院経営をしていては、いつまでも借金から抜け出せません。そしてより良い医療を提供するためのお金も貯まりません

当事務所の税務会計顧問サービスでは、医院の経営データを毎月分析し、院長先生にフィードバック。さらに私どもは、歯科専門の税理士事務所ですから、

  • レセプトを分析し、適切な保険収入があるかをチェックする

といったこともさせていただきます。

経営データを分析することで、業績が良いのか悪いのか、悪いなら何を改善すべきかが明らかになります。当事務所では、その分析結果をもとに、利益を出し、医院にお金を残すためにはどうすれば良いのかをしっかりとアドバイスさせていただくことが可能です。

 

このように、当事務所の税務会計顧問サービスは、記帳代行や税金の申告といった事務作業の代行に留まりません。顧問先歯科医院さまの経営にまで踏み込んだサポートをさせていただきます。

 

新規開業の先生方には、通常料金よりも割安特別料金で税務会計顧問サービスをご利用いただけます。

料金の詳細はこちらへ


▲このページのトップに戻る

ご相談から歯科医院開業までの流れ

 

STEP1

まずはお問合せください

まずはお電話やお問合せフォームより、不明点や疑問点を
お気軽にお問合せください。

0120-513-503
受付時間 平日 8:30〜19:00


フォームからのお問合せはこちら

STEP2

無料相談

診療方針・理念、診療内容、ご希望の開業場所、自己資金の金額等、先生のお考えをお聞きし、開業に必要なアドバイスをさせていただきます。

具体的なプランがない場合も、「こんな歯科医院にしたい」といった、先生の夢や希望をお聞かせください。夢を実現するためにどうしたら良いか、一緒に考えていきましょう。

STEP3

ご契約

無料相談後、当事務所の開業支援の内容にご納得いただけましたら、ご契約となります。

開業後に顧問契約をいただく前提で、開業前4ヶ月間開業支援無料でご提供いたします。

STEP4

開業場所の選定アドバイス

開業場所は、先生ご自身で探していただいても結構ですが、当事務所が提携する業者をご紹介することも可能です。

予想患者数の算出や診療圏分析はもちろん、物件を選ぶ際のポイントをアドバイスさせていただきます。

 

こちらのブログでは、所長の松本が
開業場所の選定」ポイントについてご紹介中!

STEP5

事業計画書のチェック(もしくは作成)

JQ151_72A 155×116_2.jpg

歯科メーカーさんや材料商さんが作成した事業計画書がある場合には、開業後のキャッシュフローを悪化させる要因がないか、計画書を入念にチェックします。

そして、購入する医療機器や材料、資金計画について先生から細かくヒアリングさせていただき、適正な事業計画書になるよう修正いたします。

もちろん、当事務所で事業計画書を一から作成することも可能です。

STEP6

融資の交渉

当事務所では、固定金利でかつ低金利の「日本政策金融公庫」から融資を受けることをお勧めしております。

 

埼玉県内でご開業予定の先生

埼玉県内で開業予定でしたら、「日本政策金融公庫」との融資交渉面談を当事務所で行うことができます。当事務所の税理士が同席いたしますので、公庫担当者からの質問に先生に代わってお答えすることも可能。安心して面談に臨んでいただけます。

 

埼玉県以外でご開業予定の先生

埼玉県以外でも、「日本政策金融公庫」への紹介状を発行いたします。また、事前に「こんな質問をされたらこう答えてください」といったレクチャーをするも可能です。

ご希望に応じて交渉に同席もさせていただきますのでご相談ください。

 

「日本政策金融公庫」以外からの融資でもお力になりますので、その点もご安心ください。

 

こちらのブログでは、所長の松本が
開業資金の準備」についてご案内しています!

STEP7

スタッフ採用についてのアドバイス

JP114_72A 155×116.jpg

開業2ヶ月前には、スタッフを募集し、採用を決めなければなりません。
スタッフの良し悪しが医院経営の成否を決める大きな要因になりますので、採用広告の媒体や条件、面接時にチェックすること等をアドバイスさせていただきます。

こちらのブログでは、所長の松本が
スタッフの募集・面接」のポイントをご案内中!

STEP8

広告戦略のアドバイス

開業時には、地域住民の方へ開業したことを知らせなければなりません。開院を知らせることは、患者さんに来ていただくための第一歩なのです。

当事務所では、

  • 折込チラシ・ポスティング
  • 内覧会
  • ホームページ

といった広告戦略について、しっかりとアドバイスさせていただいております。


こちらのブログでは、所長の松本が
開業広告戦略」のポイントをご紹介中!

また、併せて下記もご覧いただけますと医療における広告の理解が深まることと思います。

医療と広告
広告規制緩和と広告戦略

STEP9

開院前後の手続サポート

診療所で診療を始めるためには、診療開始前後に各種の届出申請が必要になります。

こうした届出についても当事務所でサポートさせて頂きます。

こちらのブログでは、所長の松本が
開院前後の手続き」について解説しています

STEP10

医院の開業・税務会計顧問サービスの開始

歯科医院を開業し、診療がスタートします。

この後は、顧問税理士として歯科医院経営について引き続きサポートさせていただきます。

お気軽にご相談ください
0120-513-503

受付時間 平日 8:30〜19:00

フォームからのご相談はこちら
face.jpg
▲このページのトップに戻る